Page: 1/1   
うわさのビバンダム
今日お伺いさせていただいた場所は
幼少時代より気になっていた白いモコモコした人形が目印の

Kタイヤ商会様です。(イニシャル表記意味なしかな?)
以前オーダーシューズのご注文をいただき、ドキドキの納品日。
(お仕事中のお忙しい中すいませんでした。)
応接室にご案内いただき、たどり着くまでタイヤの山・山・・・まさにタイヤの要塞です。
部屋に入ってまたびっくり!看板の上にそびえたつ例の彼です。
ミシュランマンだらけ。ポスターから人形から見回せば彼がいます。
以前からなんだか気になる風体。なぜにモコモコ?靴の触診しながらも気になってしょうがない。
我慢できずに聞いてみました。
モチーフはタイヤ。タイヤ?細いし、白いし・・・なぜ?
なぜなら、昔の車はあんな感じの細いタイヤを使用していたらしい。
重ねたタイヤに腕をつけると・・・みたいなところから誕生したのが彼というわけです。
しかもKさま曰く、『昔は家族とかいろいろ設定があったり、年々変化していますよ』
なんと!!これは調べたくなりますよ。
ミシュランのウェブサイトを覗いてみると、まーあるわあるわで。
フランスではビバンダム。他の国ではミシュランマン。と名前まで使い分けられているとか。
奥深いです。ご興味ある方は一度除いてみては。もしくはK様に聞いてみては。

今回は商品のことに触れなくてすいません。

K様へ
今日のベンツしびれました。ぜひ今度ブログにて紹介してください。
あのボディーカラー。いい味だしまくりです。




| Totti Bespoke Style | 22:50 | comments(2) | - | pookmark |
ものづくり
先日、外商にて、とある会社にお伺いいたしました。
業種はカーボンの造形会社。
社長様には以前よりごひいきにしていただいており、
ご紹介にて、初めて日本人以外の方のスーツを仕立てる経験もさせていただきました。

G様 なかなかのイケメンです。
骨格の違いでしょうか?腰骨に特徴があり、パンツは苦労しました。
シルエットにもとてもこだわりがあり、仕立てがいありました。

商談も終わり、ものづくりの哲学など、いろいろなお話を聞かせていただきました。
その中でちょっと驚いた話。
今まで、どのようなものを製作してきたのか尋ねてみると
日本企業に関してはすべて口外できないとのこと。
どのメーカーの、どのパーツを製作したとか、どの開発に携わったかとかすべて。
不思議でした。いったいどのように依頼を受けたり、どのようなプレゼンをするのか?
想像がつかなかった。
社長は、ドイツの大手自動車会社(みんな知っています)を請け負っていることで
その筋ではかなり有名らしい。この会社だけは露出OKとのこと。
きっとクライアントは、ここの会社を請け負っていることで信頼やスキルをはかっていると思われる。
もちろんそれだけではないのでしょうが、見る人が見ればきっとわかるのでしょう。
そんな社長が唯一、最近取り掛かっているもので公開できる物を見せていただきました。
ここに書き込みたいのですが、完成時まで口外しないことに。
ほんと驚きます。新たな挑戦に日々挑んでいる姿勢。しびれます。
完成とても楽しみにしております。
その際はご一報を・・・

| Totti Bespoke Style | 02:21 | comments(0) | - | pookmark |